呼吸法練習器具
(Breathing Devices)

◎使い方ビデオ公開中! こちらからどうぞ


管楽器を演奏する皆さんへ。


管楽器演奏にとって正しい呼吸法を身につけることが
最も大切な基本であることはご存じですね。

皆さんは正しい呼吸法を身につけていらっしゃいますか。

正確なブレスやタンギングが出来るように、
力まない呼吸法を体得できたら管楽器はとても自由に演奏できます。

楽器を吹く前や休憩後に,
ブレスビルダ−やエアバッグ等を使って
毎回必ず自分の呼吸法を確認することが、
楽器上達の秘訣です。

ここでは、皆さんの呼吸法をさらにグレ−ドアップさせる
各種の器具をご紹介します。

お申し込みはこちら

各商品名をクリックすると、その商品の紹介、正しい使用方法の
ページに行きます。


ブレスビルダー    (Breath Builder)

上半身の余分な力みや緊張を除き
楽な空気の出し入れを身につける。


エアバッグ       (Air-Bags) 

バッグのふくらみとへこみで呼吸量が視覚的に分かり
リラックスした体で呼吸する方法が身に付きます。


ボルディン5000  (Voldyne 5000)

空気の吸入量を測定するもので、
ゆっくり空気を吸う練習をつんで、
最終的には素早く吸ってもたっぷり空気がとれるようになる。


スピロメータ―    (Spirometer) 

息の流れをコントロ−ルする
空気が流れているときだけ管の中のボ−ルが動くので、
安定した息の流れを作り出すのに役立ちます。


トリフロ−        (Tri-Flow)

微妙な息の流れを会得する。


ピ−ク フロ− メ−タ−  (Peak Flow Meter)
ピークフローメーターは、最大呼吸流量を測定します。短期間で大量の息を吐くという、特に低音域に必要な技術が身につきます。


呼気、吸気の圧力測定器
       (Variable Resistance Compound Gauge)


* 共通手入方法

   金属、溶剤、石油、グリス及び強力洗剤は避け、
   マイルドな洗剤か、液体石鹸で洗い、室温で乾かすこと。

* 各器具共通の注意

   まっすぐに立つか、背筋を伸ばして座ること。
   「ホ」の音で口から息を出し入れすること。
   口を通る空気の流れを感じることに集中する。
   

    衛生上、器具は個人使用を守って下さい。 



http://www.japantubacenter.com/
Copyright (C)
2000-2001 ジャパンテューバセンター All Rights Reserved.