ボルディン5000
空気吸入量測定器
(Volumetric 5000)

(4,320円)


この測定器は空気の吸入量を実際に計測する器具で、
理想的な空気の吸入方法も体得することが出来ます。

上半身に力を入れないでゆっくりと空気を吸う練習をつんで、
最終的にはすばやく吸っても
たっぷりの空気がとれるようになります。

お申し込みはこちら


ボルディン5000の正しい使い方

 マウスピ−スを口に当て、チュ−ブの中から
 白いピストンがユックリ上がるように
深く息を吸い込みます。

− 黄色の浮きの先端が「BEST」を指すスピ−ドで。

 空気を最大限に吸い込んだら、
 ピストンの上部はあなたの吸入量を示します。

  達成した吸入量のところまで右の黄色い目印を動かし、
  ピストンを管の下に戻して何度も練習し、
  吸入量が少しずつ増えるようにしましょう。

  目盛りは最大5gまでですが、それ以上吸入してもよいです。

 測定器で吸入した空気を使って楽器で演奏する
 と効果的です。

* 空気吸入量測定器は、素早く空気をとることよりも、
  上半身に力を入れないで、ユックリのスピ−ドで
  深く空気をとることを目的にしています。
  豊かな空気をとる練習をしたあと、
  同じ感覚で空気を取り、楽器を吹いて下さい。

* 「ホ−」の唇(シラブル)に空気が通り抜ける際の感触
   注意を払って下さい。

戻る

http://www.japantubacenter.com/
Copyright (C)
2000 ジャパンテューバセンター All Rights Reserved.